読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしと服ブログ

     ファッションは飲み物

【STELLA McCARTNEY】ステラマッカートニー メンズ立ち上がり 【17ss】

クリスマスですが皆さんどのようにお過ごしでしょうか。

アパレルショップではセールが続々と始まり、そして値下げをどれだけ待てるかのチキンレースが始まっていますね。僕も値下げ待ちの民の一人です。

 

そんな世間様とは裏腹に、新たなニュースが舞い込んできました。

 

これまでレディースのみを扱っていたSTELLA McCARTNEY [ステラ マッカートニー]からメンズが立ち上がったのです。

 

かの有名なビートルズのメンバー、ポールマッカートニーの娘であるステラマッカートニーはどのようなメンズファッションを見せてくれるのでしょうか。

f:id:pzm_q10:20161225130601j:plain

 

クラッシック、だけどクール 

 

"Classic but inherently cool, the new collection injects energy into timeless silhouettes and styles.Modern in approach, Spring 2017 draws on icons and subcultures, bridging the gap between formal and casual, while keeping with the brand’s responsible and sustainable ethics."

 

・クラシックだけどクール

・タイムレスなシルエット・スタイル

・フォーマルとカジュアルの橋渡し

 

ということで

今季のステラメンズで象徴的なコーディネートがこれ

f:id:pzm_q10:20161225131714j:plain

http://www.stellamccartney.com/experience/us/introducing-stella-mccartney-menswear/

 

アウターのクラシカルなトレンチコートは無地で薄めのベージュで、マッキントッシュバーバリーを彷彿とさせます。そしてこちらも普遍的なくるぶし丈のスラックス。色は少しくすんだ緑色。コートのベージュとトーンが近いので統一感が生まれているような。

 

ここまではクラッシクスタイルなのですが、ここに派手なソックスとサンダル、マフラーを加えてグッとカジュアルさを出しています。特に目を引く長いマフラーは、この記事の最初の画像のモデルも似た巻き方をしています。

 

 アイテム単体というよりも、こういった工夫が「フォーマルとカジュアルの橋渡し」といえるんじゃないでしょうか。

 

ステラメンズ、値段は

上のルックの気になるお値段ですが、

 

コート:341,280 円

スラックス:69,120 円

サンダル:52,920 円

ソックス:11,880 円

マフラー:62,640 円

 

という価格です。

買うかどうかは別として、インポートということを考えるとそこまでありえない値段ではないのかも?とはいえ1万円以上の靴下に手を出すのは相当な猛者だと思います……。参考までに、という感じです。

 

 また雑誌のほうでもステラメンズが紹介されていました。

f:id:pzm_q10:20161225204442j:plain

 

http://www.stellamccartney.com/jp/stella-mccartney-men/men-straight-leg-trousers_cod45330139sp.html

こちらのカシミヤ95%のパンツは124,200円。下手したら中学生が着てそうな見た目。

 

f:id:pzm_q10:20161225205034j:plain

http://www.stellamccartney.com/jp/stella-mccartney-men/men-shirts_cod38601950pj.html

両胸にあしらわれたツバメがいい味を出しているコットンシャツ。102,600円。

 

f:id:pzm_q10:20161225210420j:plain

http://www.stellamccartney.com/jp/stella-mccartney-men/men-round-neck_cod39708871jp.html

個人的にちょっと欲しいベージュのニット。左右のラインが印象的。106,920円。

 

などなど。

 

ドメスティックブランドではBED J.W. FORD [ベッドフォード] のオレンジラインと似ているような気がします。 

f:id:pzm_q10:20161225210625j:plain

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/26752/463335

 

以上になります

国内外に関わらず新しいブランドが出るのはワクワクします。値段が値段なのでパパッと買えるものではないですが、やはり実物を見てみたい。アイコニックなアイテムが出てくるのが楽しみです。

 

終わりに

孔子曰く「関税払いたくないので海外で買いたい」

 

 

 

 

広告を非表示にする